Oh-Bon!帽子が出来るまで

※「Oh-Bon!Story」で登場した帽子の出来るまでを、写真と共にご紹介します。


パパシャツ帽制作1


父の形見のシャツ。パイナップルの繊維で出来た生地はサラッとして真夏での着心地は抜群。さすがフィリピンの正装用にも使われているだけの事はあります。しかもとっても丈夫。長年眠ったままでシミだらけでまっ茶色になってしまったシャツを漂白剤で洗っても、生地はしっかりしていました。


 


パパシャツ帽制作2


シャツを生地にするためにパーツを切り離します。襟やカフスはシミが取れずさすがに使い物にはなりそうもありませんが、他の部分は良く見ると残ってしまったシミもアンティークな風合いに見えてかえってに魅力になりそうです。


 


パパシャツ帽制作3


生地の取都合と頭の小さい母に似合う形を考慮にいれて、エレガントクロッシェを創る事に。濃いシミや虫食い穴をよけて、レース刺繍の部分をどう取るかがポイントなので、パターンを置いて念入りに検討します。


 


 


パパシャツ帽制作4


鋏を入れる手に、もう迷いはありませんよ~!


 


 


 


パパシャツ帽制作5


裁断された帽子のパーツたち。サイドクラウンとブリムのエッジの一部にレースが来るよう、うまく裁断が出来ました。


 


 


パパシャツ帽制作6


平面から立体へ、マチ針は大活躍です。この写真はサイドクラウンの表飾りのタックをつまんでいるところ。


 


 


 


パパシャツ帽制作7


慎重にミシンをかけましょう。この時私の右手はカメラを握っていますが、本来は生地は両手で押さえて丁寧に。手がもう一本欲しい!


 


 


パパシャツ帽制作8


ブリムとクラウンが出来上がりました。後は合体して内側にサイズリボンを付けます。いよいよ全貌がみえてきました!


 


 


パパシャツ帽制作9


完成!と思ったのですが、サイドクラウンの表飾りの部分が高いのでもう少し低くしたいと母から注文が入りました。生地にハリがあるので両サイド2箇所のタックだけてはトップが高く尖って見えるのがお気に召さないようです。ごもっとも!


 


パパシャツ帽制作10


サイドクラウンの表飾りのレース部分を所々つまんで全体的に低いクラウンに見えるように仕上げました。これでグッと柔らかい優しい雰囲気になり、母も満足気な笑顔を見せてくれました。そう!父も優しくて可愛らしい母が大好きだったから、きっと満足してくれてると思いますよ(*^^*) 完成で~す!


 


 


 


 


 

投稿者プロフィール

かとうひろみ
かとうひろみ
北鎌倉とスナフキンが大好きな帽子屋です。

Oh-Bon!帽子が出来るまで”へ1件のコメント

  1. 石井良佳 より:

    すてきーーーー
    SHIROちゃんのMIXIからやってきました。
    初めて帽子が作られる過程を見ました。
    お父様の持っていらしたシャツがこんなに涼しげで上品なお帽子になるなんて!!!!
    帽子への愛情がたっぷりと伝わってくるブログです
    これからもぜひぜひ
    続けてください
    楽しみにしています。

この投稿はコメントできません。